頑固なヒゲを減毛してツルツルに

施術台

ここ10年くらいの間に男性にヒゲ脱毛を推奨するサロンやクリニックが増えてきました。美意識の移り変わりによって男性も肌をツルツルにするべきという認識が広がり、特に顔脱毛の需要が高まったわけです。男性はあまりムダ毛処理をする印象がないかもしれませんが、実はその頻度は女性より多いことがわかっています。確かに腕やお腹、脚などのムダ毛処理はしない男性が多いですが、ヒゲに関しては毎日処理している方が目立ちます。ヒゲというのは体毛の中で一番濃くて硬いので、シェービングするには最も適していません。だからと言って1本ずつ抜くわけにはいきませんし、ワックスやクリームなどはヒゲには使用不可としているものが目立ちます。根本的にヒゲの悩みを解消するためには、サロンやクリニックの脱毛がおすすめというわけです。これらの業務用脱毛の優れているところは、ムダ毛を減毛できることにあります。毛根からムダ毛を弱体化させることにより、次第に薄くさせるメリットが期待できます。サロンやクリニックのヒゲ脱毛を受けることで、チクチクした感覚が少なくなっていくでしょう。すぐにシェービングが不要になるわけではありませんが、次第にフワフワとした優しい毛質に変わっていきます。するとシェービングをするときの摩擦抵抗が軽減するので、肌へのダメージが弱くなります。最終的にシェービングがいらない状態になったら、ヒゲ脱毛は卒業になるわけです。

脱毛回数は1回では完了しない

脱毛器

サロンやクリニックでヒゲ脱毛を受ける男性は、1回の処理では完了しないことを知っておきましょう。ヒゲの生えるサイクルには成長期と退行期、休止期が存在しており、脱毛を期待できるのは成長期のヒゲだけです。今見えているヒゲは全体の3分の1程度ですから、すべてのヒゲに光やレーザーを照射するには相応の回数が必要になります。ヒゲは短期間でツルツルにできないので、1~3年くらいは考えておく必要があります。2ヶ月に1回くらいの頻度で照射すれば、次第に減毛させることが可能です。少しでも脱毛回数を減らすためには、普段から肌を健康にしておくのがおすすめです。肌がボロボロになったり炎症が起こったりしていると、照射ダメージを抑えて処理する必要があります。それゆえ処理回数が増えてしまい、結果的に脱毛期間が長くなりますし、費用も高額になる問題があります。脱毛期間中は保湿ケアをしっかりと行い、紫外線の照射を避けることがルールでありマナーです。

広告募集中